MENU

乾燥肌にならないような洗顔

乾燥肌になってしまっている人は、間違ったスキンケアで角質層を痛めていることが多いといいます。

 

クレンジングも乾燥肌には大事ですが、きちんとした洗顔をすることも同じく重要です。乾燥肌の対策としては、普段の洗顔のやり方を改善するというものがあるようです。

 

洗顔をするとクレンジングほどではないにしろ、お肌の水分保持力は激減してしまいます。肌を乾燥させないために分泌されている油脂成分が、洗顔によって洗い流され、肌の水分が蒸発しやすくなるのです。

 

一時的に皮脂成分が皮膚表面から取り除かれたとしても、就寝中に細胞間皮質や天然保湿因子が生成され、肌の保湿力は元通りになります。

 

朝の洗顔に洗顔料を使っていると、肌の保湿力を維持するために分泌され直した油分を、また洗い流すことになります。バリアのない肌で長い時間を過ごすことになり、乾燥肌になってしまうのです。

 

朝の洗顔には洗顔料は用いず、水やぬるま湯でホコリを取り除く程度にしておくと乾燥肌対策になります。夜だけ洗顔を行うメリットは、水分保持力をキープできることですが、皮脂が比較的多い人にとっては酸化した皮脂を取り除けないというデメリットもあります。

 

乾燥肌の対策はしたいけれども、毎朝の洗顔で油汚れを落としたいという人にいい対策も存在します。洗顔をする時は洗い落とす力が強くない石鹸を使って、Tゾーンだけに洗顔料をつけます。

 

乾燥肌にならないような洗顔をしたいのであれば、顔を洗う時に強くこすらないようにしましょう。乾燥肌への対策をするには、洗顔時に皮膚をつよくこすらないように心がけることです。

関連ページ

肌の保湿はしっかりと
敏感肌の人は、肌の保湿はしっかりとしたホシツケアを行いましょう。また、自分の肌に合った敏感肌用の化粧品を選ぶことを心がけておくと良いでしょう。