MENU

クレンジングミルクを使う時には

ミルクタイプのクレンジング剤は、肌への刺激が最もマイルドだと言われています。

 

ですがミルククレンジングは、オイルクレンジングよりも洗いあげる力が弱いため、洗い残しが出やすいという欠点があります。

 

洗いあげる力がそれほど強くないミルククレンジングで毎日の洗顔をするために、洗顔の手順に一手間加えているという人もいるといいます。クレンジングをした後に、洗顔料で顔を洗うダブル洗顔をしていることも少なくないようです。

 

にきびや、皮膚トラブルの原因に、洗顔時に洗いきれなかったメイク成分が皮膚に残っていて毛穴に詰まり酸化したためというものがあります。

 

洗い残しが気になるばかりに、洗顔をしすぎるのも肌の油膜を落としてしまい、乾燥しやすくなるので度を過ぎた洗顔は禁物です。

 

ミルククレンジングは、メイク汚れを洗い落とす力が強くないため、毎回ちょっとしか使わないとクレンジングの性能が悪くなって、メイクの油分が溶けきれないという可能性も出てきます。

 

ミルククレンジングを使う時にも、肌をごしごしこするのは避けたいですし、二度のクレンジングをすると余計に肌に負荷がかかります。

 

思い切って、多めのミルククレンジング剤で洗えば、一度のクレンジングでメイクが落とせます。

 

商品に表示されている使用量を守ることが、肌にやさしいクレンジングのポイントになります。洗顔が済んだら、多めの化粧水を皮膚に浸透させて、乾燥対策をしておくようにしましょう。特に肌の弱い人はクレンジング剤も天然成分にこだわった商品を選んだほうが、肌トラブルも少なく済みますのでおすすめです。

関連ページ

クレンジングジェル
クレンジングジェルは肌への刺激が強いものが多いものです。敏感肌には敏感肌に合ったクレンジングアイテムを選びましょう。
クレンジングオイル
クレンジングオイルを使用するときには、こんなことに気を付けましょう。