MENU

オイルクレンジングはメイクを溶かす力が強い

オイルクレンジングはメイクを溶かす力が強く、洗浄力が高いために、汚れをきれいに洗い落とすことができるクレンジング剤です。

 

ただし、オイルクレンジングは洗う力が強すぎて、お肌が必要としている皮脂も一緒に洗ってしまうことがあります。とはいっても、オイルクレンジングは使い方次第では、いい結果をもたらします。

 

余程の敏感肌、乾燥肌でなければ、必ずしもオイルクレンジングが肌荒れを引き起こすわけではありません。

 

クレンジング時にどういった点に注意をしてオイルクレンジングを使えばいいのかを、知っておくことです。クレンジング剤を顔につける時は、皮膚の強いTゾーンを先に洗います。

 

目の周りや頬などは皮膚が薄くデリケートなので、クレンジング剤に触れている時間を短縮します。お肌への刺激を最小限に留めるためには、手早くクレンジング終わらせることが大事です。

 

クレンジング剤を少し多めに使うことで、短時間で、手早く洗うことができます。

 

こすれば汚れは落ちるというものではありません。顔に塗ったクレンジングの泡に、油汚れを溶かし出すものです。そのためには多めにクレンジング剤を使い、指の腹を皮膚に乗せるようにしてクレンジング剤を伸ばしていきます。顔を洗う時の湯はぬるま湯を使います。

 

熱すぎても、冷たすぎてもよくありません。オイルクレンジングでも、使い方によって肌を傷めず汚れ落としをすっきりと行うことが可能です。

関連ページ

クレンジングジェル
クレンジングジェルは肌への刺激が強いものが多いものです。敏感肌には敏感肌に合ったクレンジングアイテムを選びましょう。
クレンジングミルク
敏感肌のような人にはクレンジングミルクのような肌に優しいものがお奨めですが、チュいも必要です。こんなことに気を付けながらクレンジングミルクを上手に使いましょう。